〒803-8505 北九州市小倉北区金田1丁目3番1号

病院長挨拶

病院長写真

病院長
渋谷 恒文

所属学会

日本内科学会
 
認定内科医 総合内科専門医
指導医
日本血液学会
認定血液専門医 指導医
日本人間ドック学会
健診専門医 指導医

新小倉病院は、国家公務員共済組合連合会により昭和40年に開設され、以来小倉北区金田で地域の皆様に急性期医療を提供して参りました。院長として着任した平成22年に病院の基本理念を、「患者さんにとっての安全と温かみのある最良の医療を行うことを心がけ、地域で最も信頼される病院を目指します」と致しました。この理念に基づき、新小倉病院はレベルの高い急性期医療と回復期と慢性期の医療を通して、ご自宅とをつなぐ身近な病院でありたいと努めて参りました

質の高い医療を地域で提供するために、最新型のCTやMRI機器へと随時更新を行い、肺がん、消化器がんや泌尿器科がんの高度な内視鏡手術を提供して参りました。また、地域の方々の高齢化と受診される患者さんの高齢化に対応して、療養病床も設置し慢性期医療への取り組みも行って参りました。

一方、新薬の治験も積極的に推進し、C型肝炎の新薬治療実績本邦でも良く知られています。現在はリウマチ内科を開設し、専門医2名による最新のリウマチ治療薬の治験も実施しております。また、高血圧、糖尿病など生活習慣病の方の中に睡眠時無呼吸症候群(SAS)の方が多くおられることが判明し、SASに対するCPAP療法も開始しました。同時に睡眠障害の方の中に隠れているむずむず脚症候群の治療も行っています。

ご存知の様に北九州市は全国の政令指定都市の中で最も高齢化率が高く、新小倉病院を受診される患者さんも年々高齢化が進んでいます。高齢の方は複数の疾患を抱えておられ、一つの疾患だけの治療では病気で悩んでおられる方の満足は得ることができません。このため総合内科外来を開設し、日本内科学会認定内科専門医の資格を持つ内科医が、患者さんの症状によりどの科を受診したら良いのかの相談や、複数の疾患を抱えた患者さんの対応、診療を行っています。

さて、平成30年は介護報酬と診療報酬の同時改定の年で、4月からは大きく診療報酬制度が改定され、皆様の支払われる医療費も変更になりました。この動きの中で、当院も長期の療養が必要な患者さんのために維持して参りました医療型療養病棟を4月から休床とし、急性期と回復期医療に資源を集中することになりました。新小倉病院は高度ながん医療実践の病院として、また急性心筋梗塞や脳出血などの超急性期医療と在宅医療をつなぐ回復期の病院として、さらに高齢者の肺炎など在宅での急変時の入院に対応できる地域に密着した病院として地域包括医療システムに貢献し、理念の実現に努めて参ります。

病院長 渋谷 恒文

診療科のご案内

ページの先頭へ