〒803-8505 北九州市小倉北区金田1丁目3番1号

呼吸リハビリテーション

症状
  • ちょっと、動いただけで息が苦しくなる。
  • 重たい荷物を持って歩いたら息が切れる。
  • 階段や坂道を昇ったら休憩しないと続かない…

上記ような症状に悩まされていませんか?
これらは慢性の呼吸器疾患のサインです。
『呼吸リハビリテーション』は、このような症状を緩和させ、息切れを改善したり、症状の悪化を防止し、患者さんの生活の質を高めたりするのを目的にしています。

新小倉病院では、慢性呼吸器疾患の患者さんを対象に『呼吸リハビリテーション』を行っています。

呼吸器疾患

呼吸器疾患による息切れのせいで身体を動かさないでいると…

呼吸器疾患による息切れのせいで
身体を動かさないでいると…さらに息切れが悪化します!

息切れの悪循環(左図参照)

好循環へ

呼吸器疾患の悪循環を断つのが呼吸リハビリテーションの目的です。

呼吸リハビリテーションを行うことにより、身体が楽に動かせるようになり、体力や食欲も改善します。

悪循環を断つ

呼吸リハビリテーション(左図参照)

具体的な改善方法

呼吸リハビリテーションってどんな事をするの?

運動療法が中心です。
専門的な見地から一人一人の症状に合わせ、実施・指導します。

より効果を高めるため、酸素吸入を行う場合があります。

診療科のご案内

診療担当医表

ページの先頭へ