〒803-8505 北九州市小倉北区金田1丁目3番1号

外科

治療の特色

消化器全般、肝・胆・膵疾患、乳腺、ヘルニアなどを対象疾患として幅広く一般外科診療を行っています。
かつての外科とは違い、今日ではメスによる手術以外にも各種内視鏡やカテーテルなどを用いた様々な治療手段がありますので, 病気の進行度だけでなく、患者さんの年齢、体力、基礎疾患を考慮して、 縮小手術(腹腔鏡下手術,内視鏡手術を含む)から標準手術まで、最新の知識、エビデンスに基づいて治療を行います。

治療に際しては、十分な病状説明を行った上で(インフォームドコンセント)、患者さん御本人および御家族の希望を考慮して、適切な治療を行います。各分野で十分な実績を持つ専門医が責任を持って手術・治療を担当します。

主に取り扱う疾患と手術実績は以下の通りです。
消化器、乳腺、一般外科領域で何かお困りのことがありましたら、外科外来の方にご相談下さい。

消化器
悪性疾患 胃癌大腸癌など
早期癌や一部の進行癌、粘膜下腫瘍に対しては、根治性と安全性が確保できる条件下に内視鏡手術や腹腔鏡下手術を積極的に行っています。
高度進行癌に対しては治癒切除を目指して標準手術を行い,抗癌剤の治療も外科で行います。
良性疾患 胃・十二指腸潰瘍穿孔、急性虫垂炎、痔核、腸閉塞、腹膜炎など
疾患の確実な治療を目指した、外科手術をなるべく低侵襲な方法で行います。
急患対応も迅速に行います。
最近5年間の 胃癌 大腸癌 小腸疾患 肛門疾患 虫垂炎
71 189 48 18 82
肝,胆,膵
悪性疾患 肝癌、胆管癌、胆嚢癌、膵臓癌など
高難度の手術も最小限の合併症で行い、早期退院いただいてます。
閉塞性黄疸に対する経皮経肝的胆道(胆嚢)ドレナージ術、内視鏡的胆管ステント挿入留置術なども積極的に行っています。
良性疾患 胆石症、総胆管結石など
腹腔鏡下胆嚢摘出術以外にも、総胆管結石に対する内視鏡的切石術を積極的に行っており、 胆石症の大部分は“おなかを大きく切らないで治す”ことができるようになりました。
最近5年間の 胆石症 肝臓癌 胆道癌
254 70 31
乳腺
悪性疾患 乳癌など
乳癌検診には、乳腺超音波検査、マンモグラフィーを導入しています。MRI検査を含む女性ドックも行っています。
乳癌については、十分に病状を説明し、最近の標準治療に基づいた手術法や薬物治療について納得いただき治療します。
また、腋窩リンパ節転移の可能性の低い例にはセンチネルリンパ節生検も行っています。(代表リンパ節数個のみ切除する方法)
乳腺手術の多くは、短期間の入院期間(10日以内)で、治療可能です。
なお、平成19年4月より八幡東区の島田乳腺クリニックとの病診連携が開始され、手術応援を含めて入院診療のサポートをしております。
最近5年間の 乳腺
85
ヘルニア

そけいヘルニア(脱腸)は,メッシュプラグ法、Kugel法などのメッシュを用いた手術が中心で, 術後の痛みも少なく,早期に退院可能(3~4日間)です。

最近5年間の そけい その他ヘルニア
135 19
癌の化学療法

平成19年10月に日本がん治療認定機構(JBCT)より、認定研修施設として認可されました。専門の知識と経験を持ったスタッフが、抗がん剤治療を行います。

医師紹介

山﨑 徹
(やまさき とおる)

外科部長 / 乳腺外科部長

所属学会

日本外科学会
外科専門医 指導医
日本消化器外科学会
消化器外科専門医 指導医
 
消化器がん外科治療認定医
日本乳癌学会
認定医 乳腺専門医
日本がん治療認定機構
がん治療認定医
マンモグラフィ読影
認定医

西中 秀和
(にしなか ひでかず)

消化器外科部長 / 消化器センター長

所属学会

日本外科学会
外科専門医 指導医
日本消化器外科学会
消化器外科専門医 指導医
 
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構
がん治療認定医 暫定教育医
日本消化器内視鏡学会
消化器内視鏡専門医
日本乳癌学会 
認定医
日本内視鏡外科学会
  
検診マンモグラフィ読影 
認定医

外園 幸司
(ほかぞの こうじ)

外科医長

所属学会

日本外科学会
外科専門医
日本消化器外科学会
  
マンモグラフィ読影
認定医

大橋 生嗣
(おおはし せいじ)

肝臓外科医長

所属学会

日本外科学会
外科専門医
日本消化器外科学会
専門医
日本臨床外科学会
  

大津 香奈絵
(おおつ かなえ)

所属学会

日本外科学会
 
日本消化器外科学会
 
日本乳癌学会
 

診療科のご案内

診療担当医表

ページの先頭へ