〒803-8505 北九州市小倉北区金田1丁目3番1号

平成27年度 国家公務員共済組合連合会新小倉病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 30 53 70 147 266 758 1067 1061 274
病院に入院する患者さんは次第に高齢化してきています。全国の政令指定都市の中で北九州市は65歳以上の高齢化率が28%と最も高く、20年前の約2倍となっています。若い人よりも高齢者の方が病気になりやすいことも加味しますと入院する人の多くを高齢者が占めるのは当然と言えます。新小倉病院では最も多い年齢帯は70歳代で次いで80歳代となっています。整形外科、呼吸器センター、糖尿病センター、内科系を始め多くの科において同じ傾向がみられ、新小倉病院が北九州地区の高齢者医療の一翼を担っていることを示しています。
≪解説≫
年齢階級別患者数は、平成27年度中に新小倉病院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計したものです。退院患者さんの年齢構成を調べると、その病院の特徴をある程度知ることができます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 32 12.25 14.34 3.13 74.50
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群手術なし 手術・処置等2-4あり 30 13.20 11.17 3.33 80.27
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患手術なし 23 7.87 7.91 0.00 68.70
内科では、高齢者に多い「肺炎」が1位となっています。新小倉病院の患者構成で高齢者が多くを占めていることが反映されたものと考えられます。2位となっています「骨髄異形成症候群」は血液の病気で、高齢またはQOL(生活の質)不良により外来化学療法が困難な患者さんであっても入院による安全な治療が可能であり、近隣の6病院と連携カンファレンスを毎月行うなど、基幹病院との連携は緊密で、患者さんの転院や転院後の経過確認も万全です。
≪解説≫
診断群分類別患者数等は、平成27年度中に新小倉病院を退院した患者さんを、診療科別にDPC14桁コード※の分類基準に従って集計したもので、症例数の多い順に、「患者数、平均在院日数(自院・全国)、他病院への転院率、平均年齢」等を示したものです。これにより、それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかを知ることが出来ます。但しDPC14桁コードに該当とならない症例(白内障症例・睡眠時無呼吸症候群・前立腺針生検症例・ヘルニア手術症例等)が除かれています。また、集計後の患者数が10未満の場合は、―(ハイフン)にて表記しています。
※DPC14桁コードとは、入院で行われた治療行為を、医療資源を最も投入した傷病名に手術、処置の有無などを組み合わせて分類したもので、「診断群分類」とも呼ばれます。現在は2,309のコードに分類されています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050130xx99000x 心不全手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 40.96 18.30 5.66 83.57
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 19 19.58 14.34 0.00 84.16
050130xx9901xx 心不全手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 20.16
循環器内科では、「心不全」が1位となっています。基礎疾患に心筋梗塞や心臓弁膜症等の既往歴があることが多く、新小倉病院の各種センター(糖尿病・呼吸器・肝臓病・消化器、内視鏡・骨粗しょう症)による専門領域での集学的治療方針が反映された結果と考えられます。また、全国平均在院日数より長期化している要因として、高齢者が多く基礎疾患・併存疾患等の残存により自宅への退院が困難となる場合も、新小倉病院では地域包括ケア病棟・医療療養型病棟への転棟により中長期間の治療にも対応しているためです。なお、循環器内科にて最も多い症例は、DPC14桁コードに該当しないため表記できませんが、「睡眠時無呼吸症候群」となっています。
膠原病・リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
070470xx99x5xx 関節リウマチ手術なし 手術・処置等2-5あり 30 6.37 6.72 0.00 61.80
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 25 20.16 14.34 4.00 73.40
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患手術なし 手術・処置等2なし 15 37.60 18.15 13.33 75.67
膠原病・リウマチ科では、「関節リウマチ」が1位となっています。自己免疫疾患とも呼ばれ、免疫異常に伴う様々な症状が出現します。近年の検査や薬剤の発展で、早い時期での診断や治療の開始が可能となり、症状や関節破壊が抑えられる方々が増えています。2位の「肺炎」は高齢者に多い疾患であり、リウマチ等の基礎疾患に伴う免疫低下により肺炎となる場合があり診療を行っています。3位の「全身性臓器障害」は、全身性エリテマトーデス・リウマチ性多発筋痛・皮膚筋炎等の難病が対象となります。多様な治療法により、個人の病勢、生活スタイルに応じたリウマチ治療を心がけています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 41 20.66 14.34 2.44 73.90
040110xxxxx0xx 間質性肺炎手術・処置等2なし 16 34.44 20.63 0.00 82.00
040100xxxxx01x 喘息手術・処置等2なし 副傷病あり 6.31
呼吸器内科では、高齢者に多い「肺炎関連」が1位・2位を占めています。特に間質性肺炎は病気のタイプや病状にもよりますが、一度罹患すると入院期間が長期化する疾患で、中には生命を脅かすケースもあります。新小倉病院では呼吸器疾患全般の診療を行っており、呼吸器内科と呼吸器外科が一緒になっている呼吸器センターや総合内科を中心に、チーム医療に取り組み早期回復に努めています。
肝臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 31 13.48 9.02 0.00 71.81
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 15.12 10.55 0.00 72.76
060300xx99x01x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 23 35.04 23.04 4.35 73.70
肝臓内科では、「肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法による肝・肝内胆管の悪性腫瘍」が1位となっています。新小倉病院では、肝癌の診断に新型MRIと高い解析機能と高速撮影が可能な160スライスMS-CT及び、最新の肝造影超音波検査装置を導入し、早期発見のみならず、肝癌治療後の再発の早期発見にも取り組んでいます。2位・3位に有ります肝悪性腫瘍及び肝硬変の治療では、診断結果に基づき、効率よく診断と治療を行っていくために、内科・外科の隔たり無く、密に協力して肝疾患の診療を行っています。また、DPC14桁コードの分類基準以外の診療として、「C型肝炎」の治療に新薬(内服)を使用しています。これにより、以前のインターフェロン療養と比較し、劇的に治療内容が改善されています。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 89 21.13 15.35 1.12 63.20
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 63 24.29 14.34 3.17 79.94
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上)手術・処置等2なし 16 44.81 18.99 6.25 77.25
糖尿病・内分泌内科では、「2型糖尿病」が1位となっています。新小倉病院は、地域中核病院の糖尿病センターとして、日本糖尿病学会専門医・日本看護協会認定糖尿病看護認定看護師を中心に、医師と看護師・薬剤師・管理栄養士・検査技師・理学療法士等の糖尿病療養指導士とが密接に連携してチーム医療を行っています。2位の「肺炎」につきまして、新小倉病院では呼吸器疾患全般の診療を行っており、呼吸器センターや総合内科を中心に、チーム医療に取り組み早期回復に向け努めていることが反映されたものと考えられます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 30 10.33 7.84 0.00 65.20
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 27 23.37 17.41 3.70 75.19
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 15.27 10.93 4.55 78.59
外科では、1位「胆嚢水腫、胆嚢炎等」・2位「結腸の悪性腫瘍」・3位「胆管結石、胆管炎」となっています。各種内視鏡やカテーテルなどを用いた様々な治療手段があり、病気の進行度だけでなく、患者さんの年齢、体力、基礎疾患を考慮して、縮小手術(腹腔鏡下手術,内視鏡手術を含む)から標準手術まで、最新の知識、エビデンスに基づいて治療を行っています。また、DPC14桁コードの分類基準以外の診療として、「ヘルニア手術症例」につきましても数多く診療しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし 59 54.31 21.52 0.00 82.03
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折人工骨頭挿入術 肩、股等 42 50.38 28.70 38.10 84.10
160980xx99x0xx 骨盤損傷手術なし 手術・処置等2なし 18 37.78 21.26 16.67 83.61
整形外科では、1位「胸椎、腰椎以下骨折損傷」・2位「股関節大腿近位骨折」・3位「骨盤損傷」となっています。新小倉病院の患者構成で高齢者が多くを占めていることが反映されたものと考えられます。整形外科では、内臓と頭部を除く身体の運動機能を司る部分の診断と治療を行うため、その守備範囲は広く、多様な治療を行っています。特に骨折は多く、高齢化の表れだと思われます。当然ながら、外傷における骨折や腱の損傷および神経の損傷などに対して専門的な治療を行っています。さらに、関節の痛み(肩、肘、手、手指、股、膝、足などの関節)に対して、手術(人工関節など)はもちろん、手術をしないで痛みと上手に付き合っていく方法などを、患者さんと一緒に考えることを目標としています。整形外科の治療は手術的治療だけではなく、保存的治療が基本であるべきだと思っています。患者さんとよくお話しし、疾患を理解していただき治療を行っています。
また、全国平均在院日数より長期化している要因として、高齢者が多く基礎疾患・併存疾患等の残存により自宅への退院が困難となる場合も、新小倉病院では地域包括ケア病棟・医療療養型病棟への転棟により中長期間の治療にも対応しているためです。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110420xx97xx0x 水腎症(その他)その他の手術あり 副傷病なし 24 4.29 5.49 000 82.08
110070xx0200xx 膀胱腫瘍膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 20 14.30 7.59 5.00 73.45
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症手術なし 18 9.44 12.60 0.00 79.56
平成27年度の泌尿器科の実績に基づき表記しています。平成28年度は、泌尿器科常勤医師の異動に伴い応援医師等により外来診療を行っています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍手術あり 手術・処置等2なし 72 19.40 13.03 1.39 73.26
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 56 3.00 3.29 1.79 72.14
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 41 14.54 13.38 2.44 67.54
呼吸器外科では、1位から3位まで全て「肺の悪性腫瘍」に関する内容となっています。呼吸器外科は、呼吸器内科とともに呼吸器センターとして診療から治療方針の決定、再発時の治療、緩和医療にわたり、患者さんの多様なニーズに応えるべくチーム医療を実践しています。診療対象は、肺・縦隔・胸壁、そして気管・気管支に及ぶ疾患です。肺がんや気胸などがその代表疾患ですが、気道系に浸潤する甲状腺がんや食道がんもその対象としています。
ほとんどの手術は、胸腔鏡(内視鏡)手術によって患者さんに優しい低侵襲の手術を行っています。また低肺機能の患者さんに対しては肺切除量を減らす区域切除等の縮小手術、さらに健常な肺組織を温存する気管支形成術等も行っております。特に肺がんに関しては、外科治療のみならず、薬物療法、放射線治療を組み合わせた集学的治療を行い、患者さんやご家族のニーズに沿った医療を目指します。また、北九州ではあまり行われていない肺気量に対する肺容量減少手術も行っており、良好な成績をおさめています。新小倉病院は北九州地区で、胸腔鏡手術の草分け的存在です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 21.18 15.80 7.14 73.21
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 11.91
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19.32
脳神経外科では、高齢者に多い「脳梗塞」が1位となっています。脳梗塞とは、血の塊によって血液の流れが止まり、そこから先の脳細胞に酸素や栄養が行かなくなり脳細胞が壊死、または壊死に近い状態になることを言います。早期診断が大切であるため、新型MRIと高い解析機能と高速撮影が可能な160スライスMS-CT等を用いて、患者さんの多様なニーズに応えるべくチーム医療を実践しています。チーム医療の必要性として、脳梗塞の起因には、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、痛風(高尿酸血症)、肥満、ストレス、運動不足などの生活習慣病等様々な基礎疾患が存在します。総合内科・糖尿病センター等との協力が必須となります。また、脳梗塞のリハビリは、急性期・回復期・維持期と3つに分類されます。新小倉病院では、早期リハビリテーションを中心に診療を行っています。特にリハビリテーション科では診療の充実を図り最も高い施設基準(Ⅰ)※を有しています。
※各種リハビリテーションの施設基準にはⅠ・Ⅱ・Ⅲの基準が有りⅠが最も高い基準となります。新小倉病院では、脳血管疾患等リハビリテーションの基準を始め運動器・心大血管疾患・呼吸器・廃用症候群と全て基準Ⅰを取得しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 24 3 7 2 2 14 1 第7版
大腸癌 24 16 7 12 2 21 1 第7版
乳癌 8 13 1 3 1 3 1 第7版
肺癌 56 6 36 80 8 52 1 第7版
肝癌 3 14 15 5 44 1 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
新小倉病院は、「地域がん登録病院」として、幅広いがんを積極的に診療しており、手術だけでなく、抗がん剤治療や他病院との協力により放射線治療での入院も受け入れています。また、がん性疼痛緩和指導・がん患者指導・がん治療連携指導・がん患者リハビリテーション等多くの施設基準を有しておりステージⅢやⅣといった疾患についても、数多く診療しています。
≪解説≫
初発5大癌分類別並びに再発患者数は、平成27年度中に新小倉病院を退院した患者さんを、現在日本で最も罹患率の高い5つのがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)の病期(ステージ)ごとの症例数を集計したものです。がんの症例数を調べることで、その病院がどの程度がん治療に積極的に治療をしているかを知ることができます。また病期分類別にみることで、その病院の診療の幅広さを知ることができます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 43 11.95 57.19
重症度 1 72 16.96 78.25
重症度 2 64 25.81 82.44
重症度 3 17 32.41 86.82
重症度 4
重症度 5
不明
新小倉病院は、軽症から超重症まで幅広い患者さんを診療しています。重症度別と平均年齢にも現れているとおり、高齢者ほど重症化となる傾向にある事がうかがえます。また、平均的な入院期間も重症度が上がるに連れ長期化しています。
重症度0(軽症)の平均年齢は50歳代であり、糖尿病や心疾患等の基礎疾患をお持ちの方の場合は、肺炎に罹患する事により基礎疾患の増悪を招く事がありますので基礎疾患の管理も併せて入院となる事があります。呼吸器センターや総合内科を中心に、チーム医療に取り組み早期回復に向け努めています。
≪解説≫
成人市中肺炎の重症度別患者数等は、平成27年度中に新小倉病院を退院した患者さんより、成人(20歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。表記の補足としまして、市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を言います。また、重症度0は軽症を表し重症度5は超重症と5段階表示しております。なお超重症の場合は特に集中的な治療を要します。
肺炎は罹患率が高い上、死亡率も高く、悪性新生物、心疾患についで国民の死亡原因の上位に位置する疾患です。肺炎の診療には、総合的な対応が求められるため、多職種によるチーム医療が必要な疾患のひとつと言えます。
なお、集計後の患者数が10未満の場合は、―(ハイフン)にて表記しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均
在院日数
平均
年齢
転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 32 28.47 75.44 6.25
その他 58 45.52 83.17 12.07
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
新小倉病院では、診療所からの紹介と救急で搬送される患者さんも多く受け入れています。脳梗塞に対して薬物療法ならびに、早期リハビリテーションを中心に診療を行っています。特にリハビリテーション科では診療の充実を図り最も高い施設基準(Ⅰ)※を有しています。また、後遺症等の残存により自宅への退院が困難となる場合も、地域包括ケア病棟・医療療養型病棟への転棟により中長期間の治療にも対応しています。
※各種リハビリテーションの施設基準はⅠ・Ⅱ・Ⅲの基準が有りⅠが最も高い基準となります。新小倉病院では、脳血管疾患等リハビリテーションの基準を始め運動器・心大血管疾患・呼吸器・廃用症候群と全てⅠ基準を取得しています。
≪解説≫
脳梗塞のICD10別患者数等は、平成27年度中に新小倉病院を退院した患者さんより脳梗塞の病型別の患者さんについて、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。  脳血管疾患も死亡原因の上位に位置する疾患です。脳梗塞は早期に治療を行うことが効果的とされています。救急で搬送される患者さんも多く、受け入れには救急体制の確保が必要となります。
なお、集計後の患者数が10未満の場合は、―(ハイフン)にて表記しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 99 0.28 1.18 0.00 67.84
K654 内視鏡的消化管止血術 17 0.06 15.24 5.88 75.71
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 16 1.13 8.13 0.00 74.50
新小倉病院では、消化器センターとして、消化器内視鏡・消化器病・消化器外科専門医を配置し、複数名の専門医による診断と治療を行っています。食道、胃、小腸、大腸、胆嚢、胆管、膵臓などの消化器疾患に対し、通常の内視鏡検査に加えて拡大内視鏡、NBI内視鏡、超音波内視鏡、ERCPなどの検査を積極的に行った結果が反映されたものと考えられます。また、内視鏡的消化管止血術等の緊急的な手術・処置治療はもちろん、患者の希望にも柔軟に対応できる体制をとっています。近年、新小倉病院健診センターでの健康診断・ドック診断による早期発見により良好な成績をおさめています。
≪解説≫
診療科別主要手術別患者数等は、平成27年度中に新小倉病院を退院した患者さんを、診療科別に件数の多い上位3術式について、「患者数、平均術前日数、平均術後日数、手術後における他病院への転院率、平均年齢」を示したものです。それぞれの診療科がどのような手術を多く行っているかを知ることが出来ます。なお、集計後の患者数が10未満の場合は、―(ハイフン)にて表記しています。
肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) 23 4.35 7.43 0.00 71.30
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 19 3.95 11.68 0.00 66.37
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cmを超える)(その他)
肝臓内科では、「肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法」が1位・3位、「血管塞栓術」が2位となっています。新小倉病院では、内科・外科の隔たり無く、密に協力して、肝癌の診断に新型MRIと高い解析機能と高速撮影が可能な160スライスMS-CT及び、最新の肝造影超音波検査装置を導入し、早期発見のみならず、肝癌治療後の再発の早期発見にも取り組んでいる結果が反映されたものと考えられます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 44 4.52 6.61 0.00 65.73
K6335 鼠径ヘルニア手術 32 1.22 6.50 0.00 67.47
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 21 6.19 15.43 0.00 71.14
外科では、1位「腹腔鏡下胆嚢摘出術」・2位「鼠径ヘルニア手術」・3位「腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術」となっています。各種内視鏡やカテーテルなどを用いた様々な治療手段があり、病気の進行度だけでなく、患者さんの年齢、体力、基礎疾患を考慮して、縮小手術(腹腔鏡下手術,内視鏡手術を含む)から標準手術まで、最新の知識、エビデンスに基づいて手術を実施しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 24 2.33 44.50 33.33 81.58
K0811 人工骨頭挿入術(股) 17 3.53 51.47 47.06 84.00
K0821 人工関節置換術(膝) 16 5.31 57.81 0.00 79.25
整形外科では、1位「骨折観血的手術(大腿)」・2位「人工骨頭挿入術(股)」・3位「人工関節置換術(膝)」となっています。新小倉病院の患者構成で高齢者が多くを占めていることが反映されたものと考えられます。新小倉病院では、地域連携パス等を用いた運用を行っており、地域の病院と連携した診療を行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 122 0.02 2.91 0.00 74.16
K224 翼状片手術(弁の移植を要する)
K279 硝子体切除術
眼科では、白内障に対する「水晶体再建術」を主に行っています。クリニカルパスを使用し、効率的かつ安全な医療を提供できるよう努めています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 26 0.81 3.50 0.00 82.35
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 20 1.70 11.60 5.00 73.45
K797 膀胱内凝血除去術
平成27年度の泌尿器科の実績に基づき表記しています。平成28年度は、泌尿器科常勤医師の異動に伴い応援医師等により外来診療を行っています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 37 3.14 18.22 0.00 71.97
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 20 3.45 12.45 0.00 74.75
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 19 2.42 4.42 0.00 37.89
呼吸器外科では、「肺の悪性腫瘍」に関する手術が大半を占めています。新小倉病院の特徴として、ほとんどの手術は、胸腔鏡(内視鏡)手術によって患者さんに優しい低侵襲の手術を行っています。また低肺機能の患者さんに対しては肺切除量を減らす区域切除等の縮小手術、さらに健常な肺組織を温存する気管支形成術等も行っています。特に肺がんに関しては、外科治療のみならず、薬物療法、放射線治療を組み合わせた集学的治療を行い、患者さんやご家族のニーズに沿った医療を目指します。また、北九州ではあまり行われていない肺気量に対する肺容量減少手術も行っており、良好な成績をおさめています。新小倉病院は北九州地区で、胸腔鏡手術の草分け的存在です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.05
異なる 2 0.05
180010 敗血症 同一 31 0.83
異なる 16 0.43
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.03
異なる 1 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 6 0.16
異なる
・播種性血管内凝固症候群や敗血症は、DPC請求にて高額な金額が設定(入院医療費が高くなる)されているため、臨床的に根拠のある診断でなければ不適切な請求として疑われかねないDPC病名とされています。厚生労働省による平成26年度の全国DPC対象病院データ集計では、全症例に対する割合は播種性血管内凝固症候群が0.17%、敗血症は0.56%でした。全国値と新小倉病院の発生率を比較した場合、良好な水準と考えています。
・手術・処置等の合併症につきまして、DPC病名と入院契機病名が同一である症例となっています。つまり、手術・処置などの合併症を主訴として入院され治療を受ける入院患者さんが多いということです。今回は、DPC病名と入院契機病名が異なる(手術後に合併症が発生)症例が無く問題有りませんでしたが、術後合併症は一定の確率で起こり得ます。起こり得る合併症につきましては、現在も行っていますが事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めてまいります。
また、新小倉病院では、感染防止対策専従看護師長を配置し、専任の複数の医師・看護師・薬剤師・検査技師等の組織を設け、最も高い施設基準を取得しています。また、連携病院との基幹病院としての役目も務めています。
≪解説≫
入院中は免疫力が低下している場合もあり、ウイルス・細菌による発症や新たに合併症を発症する場合が有ります。医療の質を高め深刻な事態を避けるためにも、これらの発症率を抑える取り組みが求められます。この指標は入院中の感染症や合併症の発生率を示したもので、症例数、発生率ともに減少させることを目的としています。表内に有ります「入院契機」では、入院の原因となった病気がもとで感染症や合併症を発症した場合を「同一病名」、入院の原因とは異なって感染症や合併症を発症した場合を「異なる病名」としています。
更新履歴
H28.10.01
新規公表(H27年度データ:様式1,様式4,Dファイル)

診療科のご案内

ページの先頭へ